入会のご案内

入会申込書&会員候補者推薦書

入会のご案内、入会申込書及び会員候補者推薦書を見る場合はAdobeReaderが必要です。adebeバナー

あなたもロータリークラブにお入りになりませんか?

ロータリーとは

世界初の奉仕団体

 1905年に創始されたロータリーは、世界で最初の奉仕団体です。
 ロータリーは奉仕に邁進します。ロータリークラブに所属することは、人々に、各自の地域社会に寄与するための組織的な奉仕の機会を提供します。

ページ先頭へ

世界200ヶ国以上で・・・

 ロータリーは、200カ国を超える国々に散在する3万2千人以上のクラブと約121万人以上の会員の横の繋がりです。

ページ先頭へ

このマークご存知ですか?

国際ロータリー徽章 国際ロータリーの公式徽章です。歯車はみんなで助け合って廻るという意味です。



ページ先頭へ

ロータリーのモットーは・・・

 「超我の奉仕」です。
 ロータリーは、真実、公平、友人間の親交、そして世界平和に関心を寄せています。

ページ先頭へ

ロータリークラブは・・・

 宗教的、政治的色調のない組織で、人種、文化、信条の別なく、すべての人たちに開かれています。
 「奉仕の理想」を各人の個人生活、職業生活、社会生活の実戦や基盤とすることに同意した、事業や専門職務に携わる人によってできたクラブです。

ページ先頭へ

ロータリーの会員は・・・

 週に一度会合し、奉仕活動を計画します。ロータリークラブは自治を重んじた組織です。地元のニーズや関心、また会員の力量に基づき単独で奉仕プロジェクトを決めることができます。

ページ先頭へ

ロータリークラブとはなんですか?

 ロータリークラブとは友好奉仕を志す人々の世界的な団体で、「奉仕の理想」を信条とし、会員は職業を異にする善良な成人で形成され、各種の職業から代表として選び、それぞれの地域にロータリークラブを結成し奉仕活動を展開する、世界的な団体です。

ページ先頭へ

ロータリアンになる条件は?

先ず善良な成人であること

ページ先頭へ

なぜロータリーに入会するのですか?

親 睦

 自らが社会経済の専門家であり、知性があり、地域社会での関心が高い人たちで、心温まる友情と親睦を持つ集団の一員であることを知ります。

ページ先頭へ

リーダーシップへの発揮

 リーダーシップの能力と技量を発揮し、ロータリー運動におけるその能力は、数多くの人たちに10倍もの報酬をもたらしてくれるでしょう。

ページ先頭へ

心を通わせる

 実業や専門職種の世界で仲間と語り合い、学び合い、会った人々から隠れた報酬の多さに驚かされるに違いありません。

ページ先頭へ

仲間を知る

 ボランティア精神で共に行動し、お互いの伝統や歴史や宗教、文化や習慣を学んで多くの仲間を得ることです。

ページ先頭へ

自らの最善

 社会生活や職場や家庭の中では満足することのできないエネルギーを、ロータリーという多くの活動を抱えている場で発散し、人生という椅子のバランスを保つことができます。

ページ先頭へ

成長、円熟、学び、改善

 他人の話を聞いたり、語り合うことによって、学んでいきます。ロータリーは、教師に満ち溢れており、すべての人はお互いに学び合います。

ページ先頭へ

奉仕する機会

 ロータリーは奉仕クラブです。その事業は人、その製品は奉仕です。ロータリアンは社会、すなわち地元地域社会と国際地域社会の両方に奉仕します。すなわち、誰か他者のために何かをする機会、そしてその過程での事故実現。そして、事故の人生への報い。ロータリアンは「超我の奉仕」を信じます。これは大変やりがいのあることです。「最もよく奉仕する者は、最も報いが大きい」です。

ページ先頭へ

ロータリークラブの入会メリットは?

友情と発展

 自己を切磋琢磨するために教育を受け、個人的に成長・発展し続けます。

ページ先頭へ

社交術の養成

 社交活動も楽しく、奉仕も楽しいのです。そして、人前で講演するための地震やこつを身に付けさせ、その機会を与えます。

ページ先頭へ

リーダーシップと教育

 ロータリーは指導者や成功者から成る組織です。情報を与えるプログラムが用意されており、様々な講演者が各人各様な議題について話します。

ページ先頭へ

世界の市民たること

 世界の地域社会で、直ちに友人を持つことになります。また、至る所で必要なものや助言などを即座に得ることができます。

ページ先頭へ

倫理観の醸成と文化的意識

 ロータリアンは各自の倫理基準である4つのテスト*を実行し、他の文化を理解し至る所で人々を愛し、共に働くことを学びます。

*四つのテスト
 「四つのテスト」とは、ロータリアンの道徳的指標です。人生のあらゆる面で適用すべきですが、特に事業生活、職業生活の面で活用することがふさわしいとされています。

─言行はこれに照らしてから─

  1. 真実かどうか
  2. みんなに公平か
  3. 好意と友情を深めるか
  4. みんなのためになるかどうか

ページ先頭へ

好人物の交際と名声

 ロータリアンは好人物です。ロータリーの会員は卓越した人々です。管理職、経営者、専門職務者、すなわち意思決定や方針に影響を与える人々です。

ページ先頭へ

ロータリアンの守るべき道は

  1. 約束の時間は守ります。
  2. 例会に欠席する場合は必ず事務所等に前もって連絡します。そして欠席の補填(メークアップ)を必ずします。
  3. 四つのテスト」を実践しましょう。
  4. ロータリーの活動は善意から出発します。一人ひとり善意の奉仕を実践しましょう。
  5. 会員は、国際ロータリー定款・細則とクラブの定款及び細則に従い、その規定を守らなければなりません。
  6. 入会金及び会費を納入しなければなりません。
  7. ロータリーの友」又は「The Rotarian」を必ず購読しなければなりません。
  8. 会員は、クラブ例会に一定基準以上出席しなければなりません。
  9. 会費は、地域社会における各種業種を代表する者としての責任を持たなければなりません。
  10. クラブの各種奉仕活動には進んで参加し、実践することによってクラブの向上発展に協力しなければなりません。
  11. ロータリークラブの会員は、新会員を推薦しなければなりません。

ページ先頭へ

ロータリークラブの奉仕部門クラブ委員会

四大奉仕部門

 四大奉仕部門は、ロータリークラブの業務の哲学的および実際的な基準です。

クラブ奉仕
 クラブの機能を充実させるために、クラブ内で会員が取るべき行動。
職業奉仕
 事業及び専門職務の道徳的水準を高め、あらゆる職業に携わる中で奉仕の理想を生かしていくという目的を持ち、会員は自分自身を律し、事業を行う。
社会奉仕
 地域内に居住する人々の生活を向上させるために、他の人々と提携してロータリアンが行うさまざま奉仕活動。
国際奉仕
 国際理解、親善、平和を推進するために、会員が行う広義のコミュニケーションにおける人道的奉仕活動。

ページ先頭へ

クラブ委員会

♦ 会員増強委員会(組織)・・・・・・会員増強、会員選考、職業分類、ロータリー情報など
 「増」は「増員」・「強」は強化(増強プラス)で、ロータリアンの会員増強が大切。会員増強と退会防止の総合的計画を立案し、実施する。
♦ クラブ広報委員会・・・・・・広報、IT、雑誌、クラブ広報など
 ロータリーに関する情報を一般社会に提供し、クラブの奉仕プロジェクトの活動を推進するための計画を立案し、実施する。
♦ クラブ管理運営委員会・・・・・・プログラム、親睦活動、出席、規定審議、ニコニコ箱、友好クラブなど
 クラブの効果的な管理運営に関する活動を実施する。
♦ 奉仕プロジェクト委員会・・・・・・職業奉仕、社会奉仕、青少年、国際奉仕、環境保全、高齢者、インターアクト、ローターアクト、ライラ、青少年交換、WCSなど
 地元地域社会、他国の地域社会のニーズを取り上げた人道的、教育的、職業的プロジェクトを開発し、実施する。
♦ ロータリー財団・米山委員会・・・・・・財団、奨学金、学友、恒久基金など
 財政的寄付およびプログラム参加の両面からロータリー財団・米山奨学会を支援する計画を立案し、実施する。

ページ先頭へ

 

PAGE TOP